10年通う僕のソウルフード!「風見鶏」の熱々トロットロラーメン(茅ヶ崎駅北口/中華・ラーメン)

LINEで送る
Pocket

IMG 1443

茅ヶ崎駅北口に「風見鶏」というラーメン屋さんがあります。 ここは十年前に茅ヶ崎に越してきてからずっと足繁く通っているお店で、もはや僕のソウルフードとも言える味。

「あそこのラーメン超絶ウマイから絶対食べた方がいいぜっ!」と知人に紹介するタイプのお店ではないです。

とくに誰かにオススメはしないけど、自分はしょっちゅう食べるし、友人がいたら一緒に連れていく、そういう「安心の味」。

僕は茅ヶ崎に住んでいるかぎり通うでしょうね。

IMG 1443

▲「風見鶏ラーメン」

そんな風見鶏の店名を冠したラーメンがこれ。

挽肉やシャキシャキのネギやキクラゲやタケノコをふわっふわの卵でとじて、これでもか!というくらいにトロットロのとろみをつけたあんかけラーメンです。

正確には、スープの上にあんかけがのっているんじゃなくて、スープ全体があんかけ状態

しかもトロトロとドロドロの中間に位置するくらい濃度のある「とろみ」なので、まったく冷めません。最後までアッツアツです!

IMG 1444

▲ 麺を持ちあげると、たっぷりと大量のあんに包まれているのがわかるでしょう。

これがね、クセになるんです(≧∇≦)

スープの味にも昔ながらの中華調味料の風味が強くて、深みがあるんですね。

IMG 1446

▲ パラッパラの古き良きチャーハン。

どうしても外せないのがこのチャーハン。カップのあんかけスープ(塩味)もおいしくて、子どもたちも喜んで食べます。

IMG 1445

▲ いつも最後まで迷う「チャーシューメン」

シンプルなしょう油スープに、このチャーシューがまた絶品で、いつも風見鶏ラーメンとどちらにするか迷います(けっきょく家族で行ってどちらも食べるのですが笑)。

昨今主流のトロトロチャーシューではないんだけど、昔ながらの薄くて硬いチャーシューとも違う。

かなり分厚くて、表面はしっかり焼かれているんだけど、中はふっくらやわらかいという、僕にとって至高のチャーシューだったりします。

最近のチャーシューは、あれ煮豚ですもんね。

「麺や 鐙」さんの三位一体攻撃も以前書いたけど、最近の僕が「風見鶏」さんで絶対に外せないのはこちらの3つです。

でもね、とっても辛い「火事場ラーメン」とか「タンメン」とか「かたやきそば」とか、他にもヤバイ人気メニューが多いんで、いつも優柔不断を発揮しちゃうんですけどね。

関連ランキング:ラーメン | 茅ケ崎駅北茅ケ崎駅

LINEで送る
Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です