じわじわ伝わる町のとんかつ屋さんのおいしさ。(とんかつ「いちかわ」平塚駅前)

LINEで送る
Pocket

IMG 1519

平塚の駅前にある大黒庵に行くときに、いつも気になっていたとんかつ屋さん「いちかわ」。

この日もママちゃんと大黒庵のジョウランドンパリを食べに出かけたんだけど、店先のブタ君に呼び込まれて初来店です。

 

IMG 1520

▲ このブタ君の看板がいつも僕を呼ぶんだよね(笑)

昔ながらのショウケースがあるだけでテンションが上がる竜さんです。オススメはヒレカツだそうですよ。

IMG 1511

▲ 店内奥には、なぜか巨大なワニガメの水槽がっ!

あまりにイカツイそのルックスに思わず食欲が消えそうになるが、店内に充満するおいしそうなカツの香りでお腹がぐるぐる鳴ります。

カウンター席に、ちょっと狭めの四人がけテーブル席が五つくらい、だったと思う。

僕とママちゃんはサラリーマン四人組に挟まれたテーブルにつく。

よく磨かれた清潔な厨房内でもくもくとカツを揚げるご夫婦は、昔ながらの食堂のおいちゃんおばちゃんという感じで、せっせと働いてます。

ホールで注文を取るおばちゃんは、よく言えばクール、悪く言えば無愛想なんだけど、客に媚びすぎない「町のとんかつ屋さん」って風情はわるくない。

ロースカツ定食 950円

IMG 1514

▲ ヒレカツがオススメとはいうものの、まずはロースカツを食べなきゃはじまらないでしょう。

脂身が少なめな上品なお味。僕にはちょうどいい量だったけど、もっと食べられる人は「上ロースカツ定食(1,250円)」がいいでしょう。

ヒレカツ定食 1,300円

IMG 1512

▲ こちらがオススメのヒレカツ定食。

たしかにさっぱりしていておいしい。女性でもいくらでも食べられそう。

いつも食べられる「町のとんかつ屋さん」のおいしさ。

IMG 1518

ぶっちゃけ、メチャクチャうまい!というわけではないです。

若い男の人なら「かつや」とかの脂身ジュワーのガッツリしたとんかつのほうが好みかもしれない。

でもなんか、ここのとんかつは、そういう「強烈なうまさ」ではなくて、じわじわ伝わってくる「静かなおいしさ」な感じがします。

分厚いお皿とお茶碗で、揚げたてのサクサクなところをいただくという、そうしていること自体が、なんだかジュワーッと幸せに感じる、素敵な町のとんかつ屋さん。

料理そのものもおいしいけれど、このお店で食べている、ということが僕には嬉しく感じられました。

ネットで探して行く有名店もいいけど、いつも町にある、気が向いたらさっと行って食べられる、そんな「おいしいお店」っていうのもあるんだなあ、とあらためて感じました。

歴史ってそういうものですよね。

おいしいお店が出店してはつぶれて、を繰り返す中、こうやって何十年もつづいているお店には、目に見えない良さが隠されているものです。

いちかわ

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:とんかつ | 平塚駅

LINEで送る
Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です