心も安らぐおふくろの味。けっきょく食べちゃう「小法師」の喜多方ラーメンにほっこりする冬の朝(五反田/ラーメン)

LINEで送る
Pocket

IMG 2601

年末に都内で遊んだ翌朝、大好きな「おにやんま」で肉うどんをすするために五反田に泊まったのに、なぜかふらりと入ってしまった「喜多方ラーメン 小法師(こぼし)」。

20代前半の頃しょっちゅう食べていた小法師のラーメンはもはやおふくろの味に近いレベルで、けっきょくのところ「これから一生このラーメンしか食べられないとしたら?」と問われれば、洗練された数多の人気ラーメン店を抑えて、しれっとこの店を選んでしまいそうな気すらします。

ということで、寒い師走の朝、開店とともに入店です。


喜多方わんたんラーメン

IMG 2602

▲ いつもは「ネギチャーシューラーメン」が鉄板ですが、ボクが通っていた頃にはなかったわんたんラーメンがあったのでこちらに。

IMG 2604

▲ いつもながら安心させてくれるやさしいやさしいスープ。この透き通ったあっさりスープに、豚骨の旨味がぎゅっと凝縮されています。

IMG 2605

▲ 水分と粉のバランスが絶妙な太縮れ麺。うどんと中華麺のハーフみたいでうまい!うまいぞ!

IMG 2606

▲ 見た目以上にトロットロの豚肉さん。サービスで出てくる半ライスにのっけて食べてもうまいんだなこれが〜♫

IMG 2607

▲ わりと最近始まったと思われるワンタン。ふつうにおいしいけど、特別スゴイというわけでもない。ボクはやっぱりネギチャーシューにしよっかな。

IMG 2610

▲ 餃子もふつうです。鉄板メニューじゃないけど、ついつい頼んじゃう。

食べ終わると「やっぱここだなあ〜」っていつも思います。

見た目以上に旨味が凝縮されたあっさり豚骨スープと、水多めのうどんライクな独特の喜多方麺と、トロトロチャーシューの三位一体マリアージュは、ボクらの舌を地味に虜にしてしまう。

喜多方市なんて行ったこともないのに、そこで生まれ育ったかと錯覚してしまうような懐かしさを憶えます。老若男女にオススメできる「ザ・日本のラーメン」という感じでしょうか。ごちそうさまでした\(^O^)/

関連ランキング:ラーメン | 大崎広小路駅五反田駅大崎駅

LINEで送る
Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です